介護の仕事に就く! 介護の求人と資格

介護の仕事に就きたい方・就職を検討している方へ!

 

介護業界に興味関心を持っている人へ!

 

特養老人ホームとグループホームの両方で介護職経験を持つ私と、業界仲間の有料老人ホームの男性介護職員、小規模デイサービスで働く女性介護職員の3人が、介護の仕事に就くことを検討する際に知っておくべきこと、注意をするべきこと、心構えとして持つべきこと、実際の介護の現場での体験談などをお伝えします。

 

介護の仕事に興味はあるけど…

介護の仕事は…

介護の仕事は…

  • 無資格や未経験では求人がない・仕事に就けないのでは…
  • 派遣やパートで無資格・未経験で働けるの?
  • 介護の資格を取るためにはどんなスクールを選んで学べば良いの…
  • 介護業界初心者が就職先選びで注意すべきことは?
  • 給料が低くて重労働で業界を辞めていく人が多いらしいけど…
  • 介護業界の中でステップアップするにはどんな資格や経験が必要なの?

 

介護業界では深刻な人手不足が問題となっており、10年で100万人が不足すると言われ、日本の8~10人に1人が医療従事者になると想定されています。

 

有料老人ホームを含めた介護施設の就職・求人では年齢・資格・職種・勤務体系の制限がなく、無資格でも登録可能で、求人倍率も全職業の平均値を大幅に上回っています。

 

介護の業界では人材確保のために、施設や行政としても処遇改善に取り組んでいて、シフト通りで融通もききやすい勤務体系、残業なし、正社員・契約社員・派遣・パートという就労、無資格でも就職が出来て正社員になれるというメリットがあります。

 

介護業界は人手不足が深刻なため、採用基準が年齢にとらわれず、就労の60%が女性で30-40代の派遣・パート層がメインとなっていて、常習的に求人があり、無資格者への人材ニーズ、求人が高くなっています。

 

遣り甲斐と意義を持ち介護の仕事をするために

無資格でも出来る介護の仕事

無資格でも
出来る介護の仕事

空前の人手不足である介護職は、資格なしでも経験がなくとも求人が多く、仕事就く事が可能です。

 

一般的に介護の仕事は、待遇に比べて労働環境が良くないと指摘されています。

 

しかし介護業界では就労の待遇や条件、労働環境が年々改善されており、また介護という仕事自体の社会的評価も見直されつつあります。

 

私自身、実際に有料老人ホームを含む介護施設の仕事に就き、超高齢化社会では不可欠な意義ある仕事という面、なくてはならない職種であるという事実から、働き甲斐と誇りを持って仕事をしています。

 

そのニーズと重要性がますます重要視される有料老人ホームを含めた介護施設への就職を検討される方に、私が自分の経験から得た、仕事に就くためのノウハウ、心構え、注意すべきことなどをお伝えするサイトです。

 

介護業界仲間のレポート

当サイト管理人の介護業界の仲間で介護職員初任者研修の女性と男性が、それぞれの介護への思い、考え、また仕事や資格取得の経験レポートをご紹介します。

 

小規模デイサービス施設で働く後輩の女性介護職員と有料老人ホームで働く男性の介護職員が、実際に介護の仕事をしてみて

  1. 介護の現場で学んだこと
  2. 介助で得た仕事のコツとノウハウ
  3. 実際の介護の仕事での重要な注意点
  4. いろいろなタイプの施設を利用するの高齢者
  5. 介護の仕事に携わることの喜びと意義
  6. 介護の資格を取るためのアドバイスとコツ

など、これから介護の仕事をしようと考える人へのアドバイスをお伝えします。

 

女性の介護仲間の記事
デイサービス施設で働く私が、介護を通じて学んだこと、仕事のコツ、喜び、これから介護の仕事に就く方へのアドバイス、介護を受けるさまざまな人達など、実際の経験談と共にお伝えします。

 

男性の介護仲間の記事
サイト管理人の業界仲間
介護に関して無資格・未経験の状態からスクールに通い介護業界に就職をした、管理人の業界仲間の私が、介護スクール選びのポイント、現場の状況、求人情報の入手方法などをお伝えします。

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク