介護職員が働きやすい介護施設を見抜くためのポイント

ホワイト介護施設に共通することは職場の雰囲気が明るく衛生的

介護施設の建物が、古い、新しいに関わらず、室内がよく掃除されていてきれいな施設は人手にゆとりがある証拠です。

 

花壇や畑もきれいに手入れされていればさらに良いと思います。

 

ホワイト介護施設は職員の定着率が高いので、ベテラン職員だけではなく、若手職員や中堅職員とスタッフの年齢層が幅広いのが特徴です。

 

また離職率の高い職場はブラック介護施設の可能性大です。

 

 

介護職員が働きやすい職場とは?

転職のプロに相談しブラック介護施設を避ける

転職のプロに相談し
ブラック介護施設を避ける

介護職員が働きやすい職場は、まず新人教育がしっかりしています。

 

私の場合、すでに介護職員初任者研修は修了していたのですが、施設内にある非常口や避難経路、避難先など入所者の安全にかかわる教育をしっかり受けました。

 

ホームの一日の流れや入所者ひとりひとりの状況、認知症高齢者に対する知識など最初はしっかり勉強させてもらいました。

 

いきなりトイレ掃除やお風呂介助をさせるようなことはありませんでした。

 

介護職員が働きやすい職場は、教育体制がととのっている介護施設です。就職する前に「施設での教育体制がどうなっているのか」聞いてみましょう。

 

もし就職した当日から、食事・入浴介助をさせられるのから、人での足りないブラック介護施設の疑い濃厚です。

 

ホワイト介護施設は離職率が低い

当然のことなのですが、働きやすい介護施設は職員が長く勤務します。離職率も低く、職場の雰囲気も良いです。

 

ホワイト介護施設を見抜くためには、まず職場見学をおすすめします。

 

施設が汚く異臭が漂ってくる、職員がギスギスした雰囲気で挨拶もしてくれない、利用者の表情も暗い…そんな介護施設には就職しない方が無難ですね。

 

一番参考になるのは、就職を考えている施設の離職率です。けれどこの情報はハローワークの求人票には掲載されていません。そのため離職率の低い優良求人は介護士専門の求人サイトに探してもらいましょう。

 

離職率の高い職場は、労働環境悪い、給与が低いなど介護職員が辞める理由があります。

 

できるだけブラック介護施設を選ばないよう、転職のプロに相談してみましょう。失敗が少なくなります。

 

前のページ

次のページ

お勧めの介護就職サポート


 クリックジョブ介護

クリックジョブ介護

クリックジョブ介護は、利用者の98%が友達に勧めたい、満足度97%を誇る介護職専門の業界最大手の転職支援サービスです。利用は介護資格保有者限定ですが、資格があれば介護職未経験でもOKです。



 カイゴジョブ

カイゴジョブ

カイゴジョブは、無資格・未経験でも求人に応募できて、会員約50万人で介護士の3人に1人が利用する、上場企業運営の介護従事者求人検索サイトです。月間利用者40万人以上で求人は4千件以上です。



 かいご畑

かいご畑

かいご畑は無資格・未経験でもOKで、掲載求人で就業した場合、実務者研修の受講料が無料になる制度が最大の特長です。働きながら資格取得をしたい方、仕事復帰や転職を考える方にもお勧めです。

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク