介護職員数は少なくても職員同士の連携がよいグループホーム

職員同士の陰口・悪口・足の引っ張り合いがない職場はやはり快適

私が最初に就職した特養老人ホーム、「介護施設で起きた同僚の裏切り!私が介護職を辞めた理由」に書いたように、辞職の原因は人間関係でした。

 

介護の現場は女性が多いことや、狭い空間で限られたメンバーで仕事をすること、高齢者の命と真正面から向き合うストレスなどでギスギスしがちです。

 

わざと同僚や後輩の悪口を言ってストレス解消をする人もいます。

 

ただすべての介護施設の人間関係が悪いわけではありません。

 

介護施設のなかには職員同士の連携がよく、気持ちよく働ける職場もあるのです。

 

 

私の職場が働きやすい理由

大切な介護職員同士の連携

大切な介護職員同士の連携

私の勤務するグループホームはユニット型です。今はどこのグループホームでもそうだと思います。

 

定員は18名ですが、その定員を9名に分けて別々のユニットで生活してもらっています。

 

職員の仲が悪い施設ですと、ユニット間の職員の意思疎通がうまくいかずにイベントやレクリエーションが盛り上がらない、雰囲気が悪くなるといったマイナス面が出てきます。

 

けれど私の勤務するグループホームでは上司がかなり配慮できる方で、不満や不安があればすぐに話しを聞いてくれますし、人をほめるのが上手なので介護職員のやる気を引きだす指導ができています。

 

イベントやレクリエーションでは盛り上げ役の男性職員を褒めまくりますし、一生懸命頑張っている職員には労いの言葉をかけます。

 

人一倍頑張っている職員は、昇給や賞与という形でしっかり評価してもらえるようです。

 

職員の不安や不満を長期間放置すると、職員同士のいじめや足の引っ張り合いに発展することもあります。

 

入所者に気持ちよく暮らしてもらうのが介護施設の一番の目的ですから、介護職員同士がうまくいっている施設は住みやすいと思います。

 

無駄な残業がないのもイライラしない要因

以前の職場は、仕事が終わってからトイレや洗面所の掃除をしていました。

 

30分から1時間、毎日サービス残業をしていたわけです。私が一人で水回り、とくに汚くなりやすいトイレの掃除を押し付けられていたので、仕事に対する不満はとても大きかったです。

 

でも今の職場に関してはトイレ掃除は交代制ですし、入所者の方がトイレ・洗面台掃除を手伝ってくれることもあります。

 

掃除も勤務時間内に終わらせるようになっていますので、サビ残は一切ありません。

 

無駄な残業がないので、気持ちよく仕事ができます。

 

前のページ

次のページ

お勧めの介護就職サポート


 クリックジョブ介護

クリックジョブ介護

クリックジョブ介護は、利用者の98%が友達に勧めたい、満足度97%を誇る介護職専門の業界最大手の転職支援サービスです。利用は介護資格保有者限定ですが、資格があれば介護職未経験でもOKです。



 カイゴジョブ

カイゴジョブ

カイゴジョブは、無資格・未経験でも求人に応募できて、会員約50万人で介護士の3人に1人が利用する、上場企業運営の介護従事者求人検索サイトです。月間利用者40万人以上で求人は4千件以上です。



 かいご畑

かいご畑

かいご畑は無資格・未経験でもOKで、掲載求人で就業した場合、実務者研修の受講料が無料になる制度が最大の特長です。働きながら資格取得をしたい方、仕事復帰や転職を考える方にもお勧めです。

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク