介護に頼らない家造りを提案する福祉住環境コーディネーター

東京商工会議所が発行するテキストを使った勉強がメイン

福祉住環境コーディネーターには、3級・2級・1級があります。

 

1級を受験するには2級に合格している事が条件となります。

 

3級を飛ばして2級からチャレンジする事も可能です。

 

試験内容は、筆記のみで実技試験はありません。

 

東京商工会議所が発行しているテキストがメインの教科書になります。

 

 

取得を目指すなら理由書を作成する事ができる2級以上がおすすめ

バリアフリー提案が出来る福祉住環境コーディネーター

バリアフリー提案が出来る
福祉住環境コーディネーター

福祉住環境コーディネーターの資格を取得している人の就職口としては、福祉の用具関連会社や建築業界などが挙げられます。

 

介護の仕事に携わる人でも役に立つ知識があるので、介護職の人が取得しておいても損はないでしょう。

 

福祉住環境コーディネーターの2級以上を取得しておくと、介護保険を使って家をバリアフリーに改造するための理由書を作成する事ができます。

 

ただ、これはケアマネージャーでも作成する事が可能なので、ケアマネを取得した人が福祉住環境コーディネーターの資格を取得するメリットは少ないといえます。

 

介護の施設側から見た場合、施設内のバリアフリー対策で、福祉住環境コーディネーターの資格取得者が求められる場合があります。

 

ただ、この資格だけでは就職に有利になるとはいえません。

 

介護職員初任者研修以上の介護の資格と組み合わせる事によってはじめて、就職の際の武器になるでしょう。

 

自分や両親のためのバリアフリーに保険を使うための理由書にも

就職や転職とは関係ありませんが、自分の親、または自分が将来年老いて家をバリアフリーに改築したい場合も福祉住環境コーディネーターの資格は役に立ちます。

 

介護保険を使って家を改築するに作成する理由書を自分で書く事ができますし、無駄な設備を購入する可能性も少なくなります。

 

さらには親しい人や親戚などの力になる事もできます。

 

学校などに通ってお金を使って取得するタイプではなく、自宅で毎日コツコツ勉強すると合格する資格なので、取っておいて損はないでしょう。

 

バリアフリーに関する知識も得られるので一石二鳥です。

 

福祉住環境コーディネーターは、介護福祉士やケアマネージャーのように就職・転職に有利になる資格とはいえませんが、自分のため、将来のために取っておきたい資格といえます。

 

取得を目指すなら、理由書を書く事ができる2級を目指してみましょう。

 

前のページ

次のページ

お勧めの介護就職サポート


 クリックジョブ介護

クリックジョブ介護

クリックジョブ介護は、利用者の98%が友達に勧めたい、満足度97%を誇る介護職専門の業界最大手の転職支援サービスです。利用は介護資格保有者限定ですが、資格があれば介護職未経験でもOKです。



 カイゴジョブ

カイゴジョブ

カイゴジョブは、無資格・未経験でも求人に応募できて、会員約50万人で介護士の3人に1人が利用する、上場企業運営の介護従事者求人検索サイトです。月間利用者40万人以上で求人は4千件以上です。



 かいご畑

かいご畑

かいご畑は無資格・未経験でもOKで、掲載求人で就業した場合、実務者研修の受講料が無料になる制度が最大の特長です。働きながら資格取得をしたい方、仕事復帰や転職を考える方にもお勧めです。

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク