介護系の資格と合わせて取っておきたい福祉用具専門相談員

介護保険との関わりが深いので自然とニーズが高くなる資格

貸与事業を行う場合は、事業所に2名以上の福祉用具専門相談員を配置する事が義務とされているので、福祉用具専門相談員は知名度の割にニーズが高い資格ともいえます。

 

介護保険を使って福祉用具を購入・レンタルするための条件にも関わっている事も、この資格を受講する人が多い原因のひとつです。

 

 

持っているだけで有利な資格ではないので組み合わせるのがおすすめ

講習で取得出来る福祉用具専門相談員

講習で取得出来る
福祉用具専門相談員

高齢化に従って増え続ける福祉用具のレンタル会社ですが、この事業は介護保険が密接に関わっているので、誰でも勝手に事業を行う事はできません。

 

必ず2名以上の福祉用具相談員を配置する事が義務付けられています。

 

ただ、福祉用具の業者のなかには「就職してから資格を取得させる」という方針を取っている会社もあるので、資格を持っているからといって一概に有利ともいえません。

 

また福祉用具専門相談員は、福祉用具のレンタル業者に就職するためだけでなく、介護職員としても覚えておきたい知識が勉強できる資格でもあります。

 

施設としてもスタッフが福祉の用具に詳しいと何かと色々な面で助かるので、介護職員初任者研修と合わせて取得しておくと就職に有利となる場合があります。

 

介護の仕事に有利な条件で就職したいと思っている人なら、取っておいて損はないでしょう。

 

介護や福祉の知識を深めるためにも役立つ講習

この福祉用具専門相談員は、介護職員初任者研修だけでなく、福祉住環境コーディネーターと合わせて取得する人もいます。

 

高齢者の住まいの知識をコーディネートする仕事なので、当然福祉の用具にも詳しくなっていないといけません。

 

難しい受験ではなく「講習」だけなので、合わせて取得する人が多いようです。

 

カリキュラムは全部で50時間で、福祉用具・介護保険制度・介護や医療の基礎・福祉用具の知識と技術・福祉用具の利用の支援の仕方などを学びます。

 

福祉の用具を扱う会社に就職する際はもちろん、介護の職員、さらには相談員として介護の仕事に就く人にとって、介護の際に利用する用具に詳しくなっておく事はとても有利になります。

 

受講料は25,000円位なので、お金に余裕がある人は、将来のために取得しておくと良いかもしれませんね。

 

前のページ

次のページ

お勧めの介護就職サポート


 クリックジョブ介護

クリックジョブ介護

クリックジョブ介護は、利用者の98%が友達に勧めたい、満足度97%を誇る介護職専門の業界最大手の転職支援サービスです。利用は介護資格保有者限定ですが、資格があれば介護職未経験でもOKです。



 カイゴジョブ

カイゴジョブ

カイゴジョブは、無資格・未経験でも求人に応募できて、会員約50万人で介護士の3人に1人が利用する、上場企業運営の介護従事者求人検索サイトです。月間利用者40万人以上で求人は4千件以上です。



 かいご畑

かいご畑

かいご畑は無資格・未経験でもOKで、掲載求人で就業した場合、実務者研修の受講料が無料になる制度が最大の特長です。働きながら資格取得をしたい方、仕事復帰や転職を考える方にもお勧めです。

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク